キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。


よくある質問

Q1:電文を入手するための設備を構築する方法を教えてください。

 「電文公開の仕組み」のページに記載されている資料や参考リンク等の内容をご確認ください。


Q2:電文の更新情報が届かなくなりました。

 今回の提供システムの仕様上、登録完了後もAlert HUBからsubscriberの存在確認が一定期間毎に行われ、subscriberの不具合等によって正常動作が確認できなかった場合は自動的にAlertHUBへの登録が削除される場合があります。お手数をおかけしますが、subscriberの安定稼働を確認の上、改めてユーザー登録を行ってください。


Q3:XML電文を処理するための参考情報や資料はありますか?

 サンプルスタイルシートやXML電文に関する仕様、その他各種の資料は当ホームページの「技術資料」のページに掲載しております。そちらを参照の上、目的に合わせた処理系を構築していただきますよう、お願い致します。


Q4:気象庁防災情報XMLの試行公開で受信できるxmlは二次利用可能と記載がありますが、二次利用の際の商用利用についての記載はありません。二次利用による商用利用は可能でしょうか?

 気象庁の提供しているXMLフォーマット形式電文は、気象庁ホームページを通じた公開(PUSH型、PULL型)のほか、(一財)気象業務支援センターを通じた提供を行っておりますが、いずれも商用利用への制限はございません。  なお、気象庁ホームページを通じた公開(PUSH型、PULL型)については、ご利用に当たって留意が必要な事項がございますので、以下のページに掲載している留意事項をご確認の上、ご利用をお願いします。 (リアルタイムでのサポートは行っておらず、急な配信停止等の可能性もございますので、留意事項を踏まえたご利用をお願いします。) 迅速・確実な気象情報の配信を希望される場合には、配信に要する費用をご負担いただく必要がございますが、(一財)気象業務支援センターによる配信サービスをご利用頂けます。 詳しくは、同センターHPをご参照ください。


Q5:気象庁から入手したXML電文を扱うために必要な資格はありますか?

 XML電文を取得するにあたって特に必要な資格はありませんが、利用方法によっては気象業務法に抵触する恐れがあります。「気象庁ホームページを通じて公開するXML形式電文のご利用にあたっての留意事項」[pdf形式:182KB]や「気象庁防災情報XMLフォーマット運用指針」[pdf形式:435KB](平成25年4月12日一部変更)の内容をご確認の上、適切な利用をお願い致します。


Q6:1人が複数のsubscriberのエンドポイントURLを登録することは可能でしょうか?

 複数のsubscriberを登録頂くことは可能です。


Q7:利用を停止したい。(ユーザー登録を削除したい)

 現在の登録内容を記載の上、登録窓口の電子メールアドレスまでメールにてお知らせください。その際、以下の内容も合わせて記載していただけますと幸いです。登録を削除しましたら、その旨をメールにてお知らせ致します。
   ・電文の利用形態
   ・利用を停止する理由
   ・その他、要望事項等


Adobe Reader このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。